仕組みを利用

行政サービス

災害や事故が起こった緊急時。
その時どうするか、家族で話し合わないといけません。
通信出来なくなった時、動けなくなった時、頭を抱えているだけでは、済みません。
助けを求めるだけではなく、その先にある救助機関の連絡先も、親戚の連絡先も、暗記していないものは、すべて書き留めておく必要もあります。
緊急時こそ、正確な情報が役に立ちます。
災害時には誰でも使える無料Wi-Fiがあることを、覚えておいて下さい。
外国人旅行者も、利用可能です。
SNSで自治体から情報発信を積極的に発信しているので、地域密着型で新情報を確保するために、普段からフォローしておくのも、防災手段です。
災害時は自宅のある地域が主体になり、避難所で救援物資を受け取ることになるので、地域の行政の動向を知り、自治会に参加することも、大切です。

真実がすべて

SNSの偽情報も困ったものです。
心無いデマや偽情報で、混乱を招いて、被害にあう人がいる構図を、放置するわけにはいきません。
災害時の混乱の中、さらに追い打ちをかける卑劣行為です。
心身ともフラフラで、何とか避難してきている人たちにも影響して、偏見や差別も伴うため、拡散を制限するよう、運営会社も協力すべきです。
正しい意識や見解を、維持してほしいものですね。
災害ボランティアの人たちには、正しい情報を入手して、識別でき作業に必要な服装など十分な準備と、ボランティア保険加入等、きちんと状況を調べて留意されてからの適切なボランティア活動を推奨されています。
SNSの長所としての、連絡や情報発信や収集の大きな役目を担い大量の情報を瞬時に拡散させることが出来ることを、人助けのためだけに利用してほしいものです。


この記事をシェアする
TOPへ